診療時間

診療時間
午前:10:30~13:30× ××
午後:15:00~19:00××× ×
月曜, 水曜, 金曜
午前:10:30~13:30 / 午後:15:00~19:00
土曜
午前:10:30~13:30
休診日:火曜, 木曜, 日曜, 祝日

ニキビ・ニキビ跡や毛穴・シミ・シワの治療にピーリングローションやビタミンCローションや美白剤を、またラセンタ+ニンニク+グルタチオン(またはトランサミン)注射や点滴も同様に大変良心的な価格で提供しています。なお当院は現金での会計だけになり、クレジットカードなどが利用できないので了承ください。

ニキビは一個治っては一個出来て慢性に経過する病気であり、肌質を改善して二度とできなくするのは困難です。

抗生剤内服やピルなどの治療でも効果は一時的であり継続的な治療が必要となることから、当院では毛穴の詰まりである角栓に作用するピーリングにより塗り薬で継続的な治療を行う事を勧めています。

ピーリングは本来美顔術なので肌を綺麗にすることができます。

さらに肌を綺麗にするためには、ビタミンCローションと美白剤(ハイドロキノンやwhite377)を併用し、とくにビタミンCローションはパックするとより一層効果的です。

詳細は院長からの説明をご覧下さい。動画も作ったのでhttps://youtu.be/x8X6xk39b8cを見てください。

院長イラスト

ほぼ25年間のピーリングについての総括 

2000年に先輩に教わってはじめてほぼ25年になろうとしてますが、とくに「ピーリングは肌に負担をかける」という誤解に阻まれながらも、めげることなくそれに向きあってきた医院は日本にも世界にもなかなかないと思います。さすがに安全な技術といっても差し支えないのでしょうか。

ピーリングとかは、頭でその使用方法が理解できるものではなく、経験的なものなので使ってはじめてその意味が分かってくるものです。当院のローションやクリームの開発経緯についてを読んでみてください。まさに体験しているように、こうして継続的に使用すると、グリコール酸でしか得られない感覚が実感できると思います。ニキビができにくい感じがわかりやすいのでしょうが、肌がきれいになるという本来の意味が理解できると思います。

ピーリングは普通1%から始めます。こうしたことが得意なら、いきなり5%から始めることが可能な人もいました。それは塗り方が丁寧で保湿とかも上手にできるから可能でした。それが3%、1%と下がって現在にいたります。ピーリングの強度は濃度だけできまるではなく、塗る量、塗り方、まじめに保湿するかどうかなどのいろいろな因子の影響をうけます。若い男性とかは特に保湿とかに慣れていないので1%のように低い濃度が使いやすいわけです。それでも普通十分その効果はわかります。

ここで誤解を生じやすいので追記しますが、毎日やって全く乾燥もしないような無理のない濃度ではじめましょうという意味です。得意な人がいきなり5%から使いはじめたように、後から書くように13%で毎日やっても全然平気なひともいたり、1%でなくてはならないということではなくて、毎日やっても乾燥もしない、刺激も感じない低い濃度でやりましょうという意味です。ただこれは使ってみてわかってくるものでですから、やはり一般的には1%からはじめたほうが無理がないことになると思います。

得意な人なら使用方法を比較的容易に会得し上手につかえるわけですが、こうしたことに慣れてない人にとっては使い方を習得するに努力する必要があります。これを助けるのが私の仕事なのでしょうが、不足する部分もあるかと思いこれを書いています。使用する濃度は、これが解釈を難しくする1大要因と考えますが、まれに13%とか平気で毎日やるひともいます。1%をピークに徐々に減っていく感じです。人によって違うので、いろいろな濃度はやはり必要ということになります。

はじめすこし乾燥したからですぐ投げ出さないでください。またやりすぎると肌荒れがおきますけど、この肌荒れは簡単になおりますし、変な話ですがピーリングをマスターするうえで必要不可欠な過程になります。

ピーリングの使い方の最大のポイントは高い濃度で時々やるのではなく、低い濃度で継続的にやることです。その端的な例が1%で毎日やりましょうという当院の例です。肌をきれいにするにはいかに安定した状況を作りだすかが最大の秘訣です。ビタミンCローションのパックとかもこれに寄与しているのではないでしょうか。高い濃度で乾燥したりしなかったりを繰り返す、そうした刺激は肌をきれいにしないということです。かぶれたりするのは論外です。ピーリングローションはピーリング石鹸とは別物で、ピーリングそのものなので洗い流す必要もありません。最近、年配の方といえば失礼かもしれませんが、本来の目的であるシミやシワのためにピーリングを始める人が増えてきたことは嬉しいことです。もちろんピーリングだけですべて賄えるわけではないと思いますが、ピーリングローションは他では味わうことのできないすぐれた技術だと思います。繰り返しますが、当院のローションやクリームの開発経緯についてを読んでみてください。毎日使用している人のリアルな感想が生き生きと書かれています。

ピーリングローションの濃度について ”ピーリングローションは沁みなくても効いているので、濃度を上げることにこだわらないことが大切です。”

普通ピーリングを始めると、ツルツルする感じは数時間もすると理解できて、ニキビが1個もできないといわけではないですけど、2~3週間もすると「できにくい感じ」と「できてもこもらずになおる感じ」がすこしはわかってくると思います。よくみんなが好転反応と呼ぶような、はじめはニキビが増えてそれからニキビが減少するという経過をたどるわけではありません。

ニキビの止まりが悪いと濃度を上げたがる人が多いですが、肌の状態が安定していない状態ではピーリングローションの濃度が高い可能性があります。ニキビの止まりが悪いからといって濃度を上げてもニキビが止まった経験はほとんどありません。この時はピーリングローションの濃度を下げることを考慮してください。ピーリングローションの濃度を上げても乾燥したりカブレたりするような明らかに肌荒れしているという感じにはならないので分かりにくく継続して使用することが時々見られます。ピーリングローションの濃度を下げるか、1%ならVCローションをたっぷり付けピーリングローションは間隔を開けて使ってください。ベタツクので若いと保湿に抵抗があるかもしれませんが、肌荒れを抑制するための必須の過程が保湿となるので、騙されたと思ってベタツクまで必ずシッカリ保湿してみてください。特に若い男性はちゃんとアドバイスを聞いてください。

またピーリング剤は局所に残留してからその大きな生理的効果を発揮させるので石鹼のように洗い流いしてはその最大の効果を失い、かつピーリング剤使用時の最大の問題はカブレでその原因を明確にすることは最も重要な課題で、石鹼には多少の刺激があるのでピーリング剤以外でのカブレの可能性を除去するためにピーリングそのものであるピーリングローションである必要があるわけです。

ピーリングはただ塗ってればいいというものではなくて、ある程度は積極的に習得していかなければならないものです。その習得過程は、個人差が強く、生来のセンスが高いと女性と、一般的には保湿とかもおぼつかない若い男性とでは大きく異なると思います。実際のところ当初は強い濃度でやってとか紆余曲折がありました。

ピーリングローションの濃度は現在の濃度で安定して継続使用しできるのを確認してから、少しずつ上げていくようにしてください。

新着情報

【パート受付募集中!】('24.05.12)

現在、当院では水曜日と土曜日の午前中のパート受付を募集しております。

【応募資格】経験資格不問! 定年70歳より、69歳まで大募集!
【業務内容】受付、PC入力(当方で教えるので心配しないでください。)
【勤務地】豊島区南池袋3-18-37 都竹ビル二階
【勤務日時】水曜日 10:30~13:30 15:00~19:00
土曜日 10:30~13:30
【給与】 時給についてはお手数ですが、メールにてお問い合わせ下さい。

良心的な診療所をともに作り上げてもらえるスタッフを募集しております。

お問い合わせは下記によろしくお願いいたします。

【メールアドレス】order@sasaki-hosp.com


遠方で来院できない方も当院のオリジナル医薬品をネットから注文できます。('24.03.15)

遠方でなかなか来院できない方も当院のオリジナル医薬品をネットから注文することが可能です。ホームページのオリジナル医薬品のページから使用したい商品を選んで、備考欄に症状など書いて注文してみてください。オンライン診療などを使って良く説明して必ず納得してもらってから発送し、購入を強制したりすることは決してないので、安心して注文してください。診察料は初回のみ2,200円になり、再診料はかかりません。

【続報】配送時の商品の液漏れが無くなったことについて('24.03.14)

かねてより配送時に起きるボトルからの液漏れに、当方の梱包に問題があるのではないかと発送を始めてからズーっと頭を悩ませてきました。液漏れがあって怒られてることもあったりして、ボトルにシールを貼ったり、セロテープでグルグル巻きにしたり様々な工夫を行ってきました。ところが12月に配送業者を変更して、驚くべきことに液漏れが全く起きなくなり、4月の現在もなお記録を更新しています。従業員も丁寧に梱包してくれていますが、それにしても全くないことを素直に喜びたいと思います。その明らか原因について言及する無粋な真似は控えておきます。