お知らせ

10%APローション価格変更のお知らせ('22.01.22)

申し訳ありませんが、最近の材料費の高騰を受けて、10%APローションの価格を税込2,400円に変更させていただきます。どうか当方の事情も考慮していただき、何卒了承の程お願いいたします。なお返信メールではAPローションとしか表記されないので、値段で区別してください。

日本全国へ自費診療に関してはオンライン診療始めました。('21.11.23)

仕事が忙しくて来院できない方や遠方でなかなか来れない方のために自費診療に関しては、北は北海道から南は沖縄まで全国へ、オンラインで診察を始めました。まずはホームページから使用する商品を注文してください。必要に応じてメールやZoomを使って説明しますが、Zoomを全く使用したことのない場合でも、招待URLをクリックすると自動的にインストールが始まり指示通りに進めていただければ簡単に使用することができます。遠方の方は積極的に利用してください。初診料は2,200円になります。前もって気になる部分の写真を数枚(明るい部屋でスマホのアウトカメラで撮って)おくっていただけると助かります。念のため氏名と生年月日を確認できるものをご提示ください。

今後は発送する商品に明細入りの領収書を同封します。('21.11.01)

これまでは手書きの納品書を同封していましたが、商品代金、送料、代引き手数料、クール便代、やオンライン初診料の詳細が記入された領収書をHPのデータからエクセルを利用して印刷できるようにしてもらいました。明細書と内容は全く同じなので、医院名入りの領収書のみ同封しますので利用してください。

ピーリングローションの濃度についての小考('21.10.31)

ピーリングを始めると高い濃度のほうが効くように思う方が多いのではないでしょうか。そう思うのがごく普通だと思います。濃度を上げることが必ずしもいいことではないと思っています。ピーリングを繰り返し体得してからのは話しですが、「ピーリングローションは1%でタップリ使うのがコツよ」と話されていた方もおられました。ピーリングローションは比較的低い濃度をやや多めに使用した方が効果が高い可能性があります。最初から低い濃度でもタップリつけるとカブレることがあるので、これはピーリングを体得してからの話しです。実際のところ、今は高い濃度を使っている人は本当に少ないです。まだニキビができるわねとか思いながら、ピーリングを続けている方は、これを教訓にして使い方を再検討してみてください。体の濃度も、初めは低いほうがいいように思います。

グルタチオン内服錠欠乏のお知らせ('21.10.26)

グルタチオン内服錠の供給が安定せず、来院時にないことが予想されます。申し訳ありませんが、了承の程お願いします。

ビタミンB2内服薬(FAD10mg)欠品のお知らせ('21.01.10)

ビタミンB2内服薬が後発品・先発品も含めてしばらくは欠品になるようです。当院で後発品FAD10mg錠を使用していましたが、先発品もすべての後発品も欠品になるようで他のビタミンB2錠への交換もできない状況です。また、いつごろから回復するかも分からないのが現状です。これまで通り来院しても、ビタミンB2はない可能性が高いので了承ください。

コロナ対策で待合室にパーティション建てました。('20.09.20)

まだまだコロナの騒動も収まりそうにないので、待合室のすべての椅子の間にパーティションを建てました。トップのスライダーにアップしてあります。アルコール供給の再開で、たくさんのアルコール消毒を職員もやってくれてますので、更に効果を上げるべくパーティションを導入してみました。連れ立って来院される方もいらっしゃいます。現状を理解していただいて、診察のためにしばらく待たれている方もおいでになりますので、待合室での分別ある行動などのご協力をどうかよろしくお願いします。

オリジナル医薬品の使い方は使い方のページではなく、分かりやすいこの動画を見てください。医薬品紹介動画もあります。('20.09.14)

パワポで作ったオリジナル医薬品の使い方の動画を手直しして、YouTubeに投稿しました。
投稿先 https://youtu.be/srewgoYDaQ4

あまりしっかり書き込んでありませんが、オリジナル医薬品の紹介も投稿しました
投稿先 https://www.youtube.com/watch?v=1C_lut0BLoI

コロナウイルスの状況に応じて発送システムを利用してください。('20.06.17)

コロナウイルスによる緊急事態宣言も解除されました。我々もウイルスをメディアなどを通じて正しく理解して、若くて合併症のない人はしっかり感染防御をした上ですこしずつ活動範囲を広げてください。高齢の方や合併症のある方は特に状況をみながら必要に応じて発送システムを利用してください。特に指定のないものについては余力がある時は当日に出荷していますので了承ください。当院としてもできる限り感染防止対策を行いつつ診察は継続していきます。

どうしても来院できない方は備考欄を有効に活用してください('19.12.24)

どうしても来院できない時、備考欄を有効に活用してください。商品欄で使いたい濃度や美白剤を選んでください。21時までの注文で翌日発送になるのは、カルテを参照するためです。
●ピーリングローションは濃度が上がると効果も上がりますが、乾燥や肌荒れがおきやすくなります。今使っている濃度で毎日やっても全く乾燥しないのが濃度を上げる目安になります。全くピリピリしなくても効果はありますから、自信が無ければ無理に上げる必要はありません。
●美白剤はハイドロキノンとwhite377ともに多少刺激があるのが特徴です。ハイドロキノンのほうが有名ですがすこしかぶれやすいです。そこでwhite377から勧めることが多いですが、ハイドロキノンから始められないわけではありません。少な目に塗り始め、少しくらい赤くなっても、赤みがひいてから再開すれば赤くならなくなることもあるので、すぐに投げ出さないで使用を続けてみてください。美白剤はクリームから始める人が多いですが、べたつくのが嫌なら、ローションから始めても大丈夫です。使うタイミングはオリジナル医薬品の使い方のページをよく見てください。

APPSローション・APローション・ビタミンEローションのお勧め('19.12.06)

当院のビタミンCローションはデパートの高価な化粧水にも決して引けを取らないものであり、宣伝費をかけずに人件費もあまりかかっていないので、ニキビや美白の化粧水としては破格の価格となっています。APローションはビタミンCローション特有のツッパリ感があるのに比べて、新しいAPPSローションはツッパリ感もなくシットリしているのが特徴です。防腐剤をいれないでほしいとの希望も多く、できるだけ早くつかいきるようにしてください。逆にたくさん使用しない人は0.5%ではなく1%を使用している人もいます。そして、保湿力が高く抗老化作用のあるビタミンEローションは日持ちがしますので、それの単独使用ももちろん可能ですが、なるべくAPローションやAPPSローション併用するようにしてください。ビタミンCローションのパックが好きな人になると量をたくさん使う人もいます。

グーグルマイビジネス(グーグルマップ)との連携のお知らせ('19.11.07)

この欄の投稿がグーグルマイビジネス(グーグルマップ)にも自動的に表示されるようにしました。