お知らせ

体調の問題で自費診療で受診も購入をしたことのないネットからの新患は受付けていません。('22.09.19)

院長の体調の問題で自費診療での受診も購入をしたことのないネットからの新患の受付は全面的に中止してします。当院が始めての方はネットからの注文をしないようにお願いします。

発送する時に同封する領収書の日付は当院発送日とさせて頂きます。('22.09.08)

発送の際に領収書を発行し同封しています。領収書の日付は配送日にしたりもしていましたが、今後当院発送日にしますので、了承ください。

発送や注文内容に変更がある場合はホームページから再注文をお願いします。('22.09.03)

注文の追加、クール便への変更、や配送日時の変更などある場合、現在の体調では対応できません。改めて注文していただくようにお願いします。
備考欄に再注文の旨を書いてください。以前の注文はもちろんキャンセルにします。新しいメールに合わせて発送しますが、前のメールとの比較などは行いません。
注文忘れなどないようにお願いします。

9月2日(金)から月曜日、水曜日、金曜日で徐々に診察を再開します。よろしくお願いします。('22.08.16)

とりあえず9月2日(金)から月曜日、水曜日、金曜日に徐々に診察を再開したいと思います。よろしくお願いします。発送の曜日もそれと同じになるので、少し遅くなります。

トランサミン内服薬不足のお知らせ('22.08.07)

現在出荷調整中などでトランサミン内服薬が不足しています。来院時にない可能性があるので、電話で確認して来院してください。

引越しの佳境はおおよそ過ぎましたが、あまり遅くならないように注文をお願いします。('22.06.20)

引越しの佳境はほぼ過ぎ去りました。しかし、あまり遅くならないように注文してください。よろしくお願いします。

white377クリームを3%だけにしました。('22.06.08)

white377クリームは0.5%と3%は刺激にもあまり変化はありません。そこでwhite377クリームの0.5%と3%を3%だけにまとめました。

美容液とVC原液の容器変更のお知らせ('22.05.22)

今回、美容液とVC原液の容器を従来のガラス製のものからプラスチック製へのものに変更しました。ガラス製のものは一回使い切りにしてはいささか高額なので、今回の移転を機にプラスチック製に変更します。もちろん内容量に変化ありません。移転を機にいろいろ合理化を勧めて、余剰分を新たなサービスに回したいと思っています。大局的な立場から見たら小さな変化かもしれませんが、それを集積させていく努力を続けることはとても大切なものと考えています。プラスチック製容器はもちろん軽量でいいところもありますが、見た目はいささか貧弱です。しかし、翻って将来的に顧客サービスに転嫁されていくことを理解していただいて、継続して利用していただけると幸いです。各ページの写真を交換しておきました。持っていただけるとわかると思いますが、目薬としての誤使用はなさそうなので警告の記載は止めておきました。


当院は入居中のビルが建て替え予定のため近くのビルに7月下旬に引っ越します。('22.05.20)

現在入居中のビルですが、ビルの建て替え予定だそうです。そこで、前もって近くのテナントに引っ越すことにしました。
ここから50mくらいの東通り沿いのビルで、新住所は 〒171-0022 豊島区南池袋3-18-37 都竹ビル2階 になります。近くのかたはご存知だと思いますが、南池袋動物病院の2階になります。実際の日程は、7月24日(日)から7月31日(日)を予定しています。1週間で終わるかはやってみないと分からないので、長引いてもどうかご容赦ください。

10%APローション価格変更のお知らせ('22.01.22)

申し訳ありませんが、最近の材料費の高騰を受けて、10%APローションの価格を税込2,400円に変更させていただきます。どうか当方の事情も考慮していただき、何卒了承の程お願いいたします。なお返信メールではAPローションとしか表記されないので、値段で区別してください。

ピーリングローションの濃度についての小考('21.10.31)

ピーリングを始めると高い濃度のほうが効くように思う方が多いのではないでしょうか。そう思うのがごく普通だと思います。濃度を上げることが必ずしもいいことではないと思っています。ピーリングを繰り返し体得してからのは話しですが、「ピーリングローションは1%でタップリ使うのがコツよ」と話されていた方もおられました。ピーリングローションは比較的低い濃度をやや多めに使用した方が効果が高い可能性があります。最初から低い濃度でもタップリつけるとカブレることがあるので、これはピーリングを体得してからの話しです。実際のところ、今は高い濃度を使っている人は本当に少ないです。まだニキビができるわねとか思いながら、ピーリングを続けている方は、これを教訓にして使い方を再検討してみてください。体の濃度も、初めは低いほうがいいように思います。

グルタチオン内服錠欠乏のお知らせ('21.10.26)

グルタチオン内服錠の供給が安定せず、来院時にないことが予想されます。申し訳ありませんが、了承の程お願いします。